読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神障害者が再就職:その3「雇用保険の受給申請」

[ハローワーク行く前に収集した情報]

離職票には「一身上の都合」と記載
・備考欄には「2014/03~2015/02まで休職」のメモがある
雇用保険の受給期間の延長は「していない」

自己都合退職だと、7日+3ヶ月の期間は貰えないので・・・
期間は、来年2月から、来年の2月末まで。
つまり、1ヶ月しか貰えない計算。

但し、理由の最終確認で「病気で退職した」といい
「就労可能証明書」の用紙を貰い、
主治医に書いてもらって出せば、
3ヶ月の給付制限が無くなる。
っていう事例もあるらしい。


[ハローワーク行った後]

まずは総合受付で雇用保険の申請にきたと告げる。
そうしたら、離職票1&2を求められたので提出。
あと、10個くらいの質問に該当するものがあるかチェックされる。
=>自分が該当したのは「障害者手帳があるか?」くらいでした。
その後、離職票と受付窓口の情報をファイルに入れて渡されたので、
担当の窓口まで行って整理券取って待つ。

順番が来たので、離職票入りファイルを渡す。
開口一番「本当に自己都合ですか?」と聞かれ
『病気が原因で辞めました』と告げると、
「コレを主治医に書いてもらってください」
と言われ、就労可能証明書を渡される。
期限は初回認定日(12月頭)まででOKでした。
あと
「病気は完治しましたか?それとも通院中だけど働ける状態ですか?」
と聞かれ、後者を選択。

その後、給付制限が無いという前提で話が進む。
やっぱり、延長手続きをしていなかったので、保険金の期限は来年2月末まで。
あとは、写真を出したり、保険金の振込先(銀行の通帳)を書いたりした。
最後に、雇用保険の講習会が1週間後の午後に設定される。

雇用保険関連のやりとりが終わった後、
障害者用の窓口へ行って、
雇用保険関連の手続きしてきた」
的な話をして撤収。