読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年・再生回数ランキング

個人的に毎年作っている、
Last.fmで集計した2016年の年間再生回数ランキング。

今年も発表です。

【アーティスト別】
1. fripSide(225曲)
2. ClariS(190曲)
3. 喜多村英梨(158曲)
4. 水樹奈々(107曲)
5. A応P(103曲)
6. AKINO from bless4(94曲)
7. Aqours(93曲)
8. KOTOKO(91曲)
9. ナノ(89曲)
10. petit milady(84曲)
10. Trident(84曲)

10位は同率です

 

【トラック別】
1. エデン/水樹奈々(100曲)
2. 凛麗喜多村英梨(99曲)
3. はなまるぴっぴはよいこだけ/A応P(97曲)
4. 海色/AKINO from bless4(94曲)
5. eternal realityfripSide(93曲)
6. →unfinished→KOTOKO(91曲)
7. SAVIOR OF SONG (feat.MY FIRST STORY)/ナノ(89曲)
8. ブルー・フィールド/Trident(84曲)
9. コネクト/ClariS(80曲)
10. This game/鈴木このみ(74曲)

 

個人的な感想としては、何かしらの音ゲーに収録されている曲が多い。
但し、ツートップは除く。

来年もこの傾向が続くと思われるが、プレーし続ける音ゲーを減らしているので、収録機種が偏る可能性が大きい。

また、自分がLast.fmのサービスを利用してからの「水樹奈々」さんのトータル再生回数が9899回と、10000回の王台まで101回再生。今年と同じペースなら達成できそうなので、上手く調整したいと思います。

あと、気になるのがClariS
旧メンバーで発表した曲を、新メンバーでリメイクする傾向が出てきた。
その第一弾として「コネクト」を「コネクト-2017-」と題して
シングルのカップリングとして収録された。
もし、今聞いている旧メンバーの曲がリメイクされたら、
リメイク版を聞く可能性がある。

 

そして、来年はプレイリストのルールを変更します。
メインとなるプレイリストの
(1)セットする曲数を、20曲から25曲に拡張
(2)セットできる上限を、1アーティスト3曲->1人5曲に変更
(3)再生は、シャッフル選曲を必須
となります。

(2)は、特に声優さんが該当するのですが、
個人名義、ユニットのメンバー、キャラソン等
同じ人が色々な名義で活動しているので、
下手すると、1人の歌い手さんでプレイリストの半数を占める。
というのがあり得る状態なので、
アーティスト名義で上限を設けるのではなく
歌っている人で上限を設定します。
理由としては、色々な歌い手さんの曲を聞いて、
新規開拓が必要だと感じたからです。

例えば、今年のアーティスト別でトップの「fripSide」。
ボーカルの『南條愛乃』さんは、個人名義でも活動していますし、
有名なキャラでいうと、ラブライブの「μ's」にも参加しています。
今までは、
fripSideで3曲
南條愛乃で3曲
μ'sで3曲
というセットが可能でした。
しかし、来年からは、
fripSide南條愛乃、μ's」
の合計で最大5曲までセットが可能となります。

 

さて、来年は、どういうチャートになるのか?